自己破産の申請をしても借金が残ることがあるか?

お金

自己破産は借金がすべてなくなるので、生活を立て直すには有効な方法だと思いますが、自己破産をしても借金が無くならない場合もあります。それは、住宅ローンを含めてすべての借金が免責されるというメリットがあります。です。

免責不許可事由にはどういうものがあるかというと、

たとえば、借金の原因がギャンブルや買い物・飲食による場合など、浪費をして借金を増やした場合、破産する前に、特定の人にだけに借金を返済した場合、借金の支払いができないのは明らかなのに、返済ができるかのように装って借金をした場合、自己破産の申立をした後の話に、債権者集会等に来なかったり、破産管財人からの質問に回答しなかったり,嘘をついた場合などです。

ただ、借金の原因が浪費であっても現在は生活を改めている場合は、免責が許可されることが多いです。嘘をついたり不正をしている場合は、免責が承認されません。

また、自己破産をしようと考えているなら、直前に一部の債権者だけにお金を返すということもないように注意してください。

 

私の知人が、以前高級車を20年ローンで購入したのですが納車されて1ヶ月で事故にあい廃車してしまったそう。自己破産一歩手前までいったそうです。事故車って廃車しか道はないと思っていたのですが、実は事故車でも高値で売れる可能性があるみたいですよ。

参考→車買取max〜中古車の高額売却・買取相場のまとめ〜

運営者情報

当サイトの運営者:吉永 晴彦

運営者

当サイトをご覧いただきありがとうございます。 当サイトでは自己破産について詳しく紹介しております。どうぞごゆっくりご覧ください。