自己破産のデメリット

追いかける自己破産の手続きをすると、借金がすべてなくなるので、新しいスタートを切りやすいというメリットがあります。といっても自己破産というのはなかなか踏み切れないものですね。いいことばかりではないのではという不安もあると思います。

それで、ここでは自己破産のデメリットについてご説明します。 自己破産のデメリットとして挙げられるのは、自分の家や車や高価な家具などの所有物を失うということです。愛着のあるものや思い出深いものも手放さなければならないこともあります。

また、もし連帯保証人を立てていた場合は、連帯保証人が返済を迫れることになるので、連帯保証人になってくれた友人や親族に迷惑がかかります。また、官報に、破産者の名前や住所・破産手続きをした日時などが記載されます。 また、破産手続開始決定が下りてから免責許可の決定が下りるまではいくつかの職業に就くことができません。

それから、自己破産した事実は信用情報機関に5〜10年間登録されますので、その期間は金融機関に借り入れの申し込みをしたり、クレジットカードの申し込みをしても、審査に通りません。

上に挙げたようなことはデメリットがあるとしても、自己破産で借金から解放された人の中には、もっと早く自己破産の手続きをしていればよかったという方もいます。自分の場合はメリットが多いのかそれともデメリットが多いのか、よく考えてから決定してくださいね。

運営者情報

当サイトの運営者:吉永 晴彦

運営者

当サイトをご覧いただきありがとうございます。 当サイトでは自己破産について詳しく紹介しております。どうぞごゆっくりご覧ください。